今まで購入してきた家電の販売の時の様子や、通販と直接販売との違いなどを体験から書いてみました。

家電の販売での購入の体験
家電の販売での購入の体験

家電の販売での購入の体験

家電は、誰でも必ず購入するもので、販売しているお店の接客はいつもいろいろ考えさせられるものがあります。
家電は電気製品で感情を持っていませんが、それを販売している相手は人間なので感情があります。
そうすると家電類を購入しても、必ず、そこに何らかの感情が入ります。
そうすると、そこで購入するかどうかを決めますが、それが必ずしも次の購入につながるわけではなく、他よりも、とても安いというような特別な条件でもない限り、次につながらないということになります。
それは逆に言えば接客が良ければ、次もそこで買おうとか、先ずそこから見てみようとか思いますし、暇な時にも、そのお店に行ってみるか、ということにもなります。

そして、ここで難しいのが、店員の人たちの平均的な接客のレベルで、もし他の店員との接客の差がありすぎると、そのような人に当たった場合、次には行かなくなります。
私もそのような経験があり、いくら安くても、行かなくなったお店は振り返ってみるとたくさんありました。
その点通販などは、インターネットでの価格比較のみですので、よほど酷い商品でない限り、接客の部分がないですから、気軽に購入することも出来、販売も気軽にできるということになり、どちらが側から見ても面白い販売方法だと思います。
特に近くに量販店がないような場合は、通販などは便利で使いやすいと思います。
私などは現物を量販店やその製品があるお店で見てから、最も安い通販などで購入したりしました。

通販の場合は、インターネットで様子を見ることが出来るので、情報が入りやすいということがあります。
家電類は同じ製品ならば品質の差がありません。食品類など口に入るものは時間が経つと品質の問題が出てきますが、家電の場合は腐るようなものでもないので、その製品の名前などがわかれば、検索していけば性能も分かりますし、何処で購入しても変わらないものなので、通販などでは最適なもののような気がします。